読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸の鼓動はドキドキ

年の瀬ですね。

今年終わるのにもう1時間もないけど2016年を振り返ろうと思います。

 

◇1月

・ラキセ(大阪名古屋)

大阪初日夜と名古屋楽!

メイン担と入るのにメインがいない事態が発生して色々あったけど楽しかった!

こんな歌では「今江くんかわいい」を連呼しTAMERはメインステ遠くリチャしか姿を確認出来ずラブクリではしばらくの間まとくんと古謝を見間違えるしまつ。目が悪いにもほどがあった。

名古屋は有り難いことに譲っていただいた席が大変見やすい席で超ひっさびさにファンサをいただけました…林真鳥という男はほんとにすごい……すごいぞ………。マスピのまと朝ノールックハイタッチで死に淳弥がえげつないファンサをしているのを目のあたりにして死に3.14でナナナばりに体を垂直に曲げてる丈を見て笑い死にました。じゃにおたは三度死ぬ。

 

ドッグファイト名古屋大楽

ぶんすえ最高〜~~~~~!!!!!!!

ほんとにこれしか言えない。

泣き虫でばぶいスエがカテコで満身創痍になってるのを優しく笑うカンパニーの皆さんって言う図が優しすぎてしんどかった。文一くんのお兄ちゃんらしさが爆発してた。みんなが間隔あけて立ってる泣いてスエに寄り添って見守ってあげたりたまに笑いかけたり優しさの塊だった中文一くん。だいすき。

あとスタッフさんの粋な演出でエディローズのレストランデートのときに天むすが出てきたのは笑いました。

 

◇4月

・春松竹

文一くん1年ぶりの松竹座。おかえりなさい。

久々だろうがなんだろうが大暴れする最年長相変わらずで毎回めちゃくちゃ笑った。

なんとなく、漠然と「文一くんが松竹座一緒にやるの今回が最後かなぁ」と決まったときから思っていて、後悔したくなかったので千秋楽含めてたくさん入りました。今普通に出てたら笑えるんだけど、今のところ出てないし公演。1公演すごく楽しかったから後悔はしてないです。

かんじゅ日誌のことを嬉しそうに話してたり、ちょっと変な走り方を後輩たちにいじられて恥ずかしそうにしてたり、龍太とよくアイコンタクトしてたり肩組んでたり優しくてあったかい文一くんがたくさん見れた公演だった。

 

・ドリステ舞台挨拶(大阪名古屋)

太秦のときは外れてしまって行けなかったから私にとって初めての舞台挨拶。勝手がよくわからなくて戸惑いながらも最後らへんは見ながらポップコーンもしゃもしゃ食べられるほどになりました(笑)

映画自体は公開初日に朝イチで新宿で観た。予想外に号泣して自分でびっくりしたのもいい思い出です。何度か言ってるけど私太秦の展開がほんとにだいぶトラウマで、DVD発売してすぐ観たきり3年以上本編を一度も見てないくらいで、今回も途中で次郎くんが抜ける展開になったらどうしよう(T-T)って散々めそめそしてたんだけど、そんなことなくてほんとによかった。抜けたのはこぉじだったけど戻ってきたからよかった。おかえり!

舞台挨拶は怒濤すぎて正直あんまり覚えてないんですけど、名古屋に来たとき文一くんが名古屋弁を気にいったのかやたらめったら乱用してたのがかわいかった。

 

◇7月

・だいこん役者

休みの日だから昼まで寝るぞー!って思って昼まで寝てて起きたら舞台が決まってるだけじゃなくてチケットもすでに発売してただいこん役者。

当日まで役名も役どころもまったくどこでも語られなくてわからないままの舞台って初めてだったのでとても新鮮だった。

色々んんん?と思うことが多々あった舞台だったけど、白雪姫の王子やってる姿が見れたし、春松竹ぶりの生足披露だったし、何より昔から大好きな脚本家の藤本有紀さんの作品に自担が出演したという事実何より嬉しかった!

子役の子たち以外は年上ばかりで可愛がられてる文一くんがなんだか新鮮でよかったです。

あと入り口に飾られてた幟ほんとに嬉しかったな〜!

 

◇8月

・ANOTHER 

3年ぶりのANOTHER!

ちゃんと内容覚えてるかな~~ファースト誰がやるのかな~~~思いながら初日迎えたらまさかの日生ベース!行ってないから懐かしめない!(笑)

と思ったけどアナトゥモとかハイホーとか学生とか曲はそのままでほんとによかった。ちゃんと懐かしかった。

漫才ローテ的に絶対入るときまとはし来る!!!思ってたらスエのお誕生日にローテ狂わされたりとか思いもよらないこといっぱいあったけど楽しい夏だった!

ショータイムは色んな意味で心臓抉られてぜえぜえ言ってたけど(笑)かっこいいところもかわいいところもいっぱいあって毎回楽しかった。中日過ぎてからの鼓動のダンスパフォーマンスはたぶんずっと忘れないと思う。

 

◇9月

ガラスの仮面再演(大阪東京) 

2年ぶりの桜小路くん!おかえり!

初日からセット故障のトラブルがあってどうなることかと思ったけど、その後は何事もなく無事に終わってほんとによかった。

この作品に関しては、文一くんが出演してるというだけじゃなくてお話自体も他の共演者の方たちもほんとに大好きだったので毎回舞台そのものがすっごく楽しかった。再々演があるなら是非やってほしいし、我侭を言うなら同じメンバーで「ふたりの王女」の上演を観たいなぁと心底思いました。素晴らしい俳優の方々と肩を並べて、優しくて愛情深い桜小路くんを演じきった文一くんを心から誇りに思った1ヵ月だった。

 

◇10月

・Johnny's Future World(梅芸)

 まさかジャニオタ出戻って自分がジャニワを観に行く日が来るなんて思ってもみなかった。

公演中にたしか50Shades!の歌稽古がもう始まってたから、正直出番もそこまで多いわけじゃないしストーリーテラー的には博多組がいれば話は進むから「座長なのにこっち出てていいの…?稽古初日に行けないんだったらジャニワ出なくてよかったんじゃ…?」って思ったこともあったんですけど、でも久々にTHEジャニーズ舞台で久々にしょおくんと関ジュと、ほぼ絡みが見られない東ジュと楽しそうに踊ったり歌ったりしてる姿が見れて嬉しくないわけがありませんでした。

何回か言ってることだけど、私きんかんの3人が文一くんのやることなすことに大口開けてめちゃくちゃ笑ってくれるのがほんとに好きで、こぉじは春松竹ぶりだったけど、しょおくんは2014クリパ以来だからほぼ2年ぶりかな?ほんとに久しぶりにその姿が見られてすごく嬉しかった。他にもYOU&Iを高らかに歌い上げる姿とか、ノイナやフューチャーアイランドを楽しそうに歌ってる姿とか、あとHiHi Jetを歌ってる姿なんてほんとに観られると思ってなかったからほんとに貴重な体験だったなぁ。

 

◇12月

・X'mas Show 2016

ソロパートほんとにほんとにおめでとうありがとう(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)

「箱に閉じ込められたシンガーソングライター」って言われたけど元気!めげない!世界一かっこよかった!

スパノバで日に日に淳弥のシャツがだるんだるんになってうなじばっちり見えるようになってったのがなんかね…眼福だった…セクシー姐さん……

アクトショーもひたすらかっこよかったしBOLはだんだんセクシー度増してくし地獄の3部作もつらそうだったけどずっと笑って踊ってるのほんとにかっこいいなーと思った。クリパに関してはまた落ち着いたら詳しく書きたい。

23日に私的千秋楽を迎えてあー!楽しかった!!!って心から思った公演だったけど、我侭を言うなら0番センターでアクトショーを踊る文一くんが見たかったなぁ~~~~~!!!!!ってたぶんこの先105回は言うと思う。私が入る前の日とか私が入った次の日とかに文一くんがMC出たりおみくじハッピーで暴れたりニアミスが多すぎて泣いた(;v;)

 

ジャニーズWEST 1stドームLIVE 24から感謝届けます

色々あった。まぁ~~~色々あった。

ほんとにたくさんの人に助けられました。感謝してもしきれません。

エイトが初めて公演をやって以来だったから約10年ぶりの京セラドーム。

そこで目にしたハピラキもドリキャもビグゲも一生忘れません。

休演日なく1ヵ月間公演やって、合間にリハもやって、千秋楽終わってすぐ移動して絶対疲れてるはずなのにずっと笑顔で踊って歌って煽ってファンサして。ほんとにかっこいいなと心から思いました。いつかセンターステージのど真ん中に立ってほしいなとも心から思いました。

あと2年越しにやーーーーーっとまとくんのパラパラ見れたんですけど(いろいろあって今まで一度もちゃんと見たことがなかった)、みんなが言うとおりすごかった。その筋のプロだった。渋谷一のギャルサーの代表って感じだったし並びが真鳥くん・小瀧くん・龍太くんだったからジャニーズとかじゃなくてもうただのギャルサーだった。

 

・50Shades!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~

初主演。初座長。

こんな早くその日が来るなんて思ってなくて、初日はほんとに緊張しました。

内容はほんとに、想像してた3倍下ネタが凄まじくて(笑)

直前まであんなに緊張してたのに、始まったらずっと馬鹿みたいに笑ってる自分がいました。玉置成実ちゃんをはじめとするキャストの方たちに対して「よく皆さんこの仕事引き受けたな…!?」って思ったし、贔屓目でもなんでもなくこのクリスチャン・グレイという役を演じられるのは文一くんしかいないなと色んな意味で思った。

お酒を呑みながら観られる観劇スタイルも、劇中あんなに歓声が上がる舞台も初めてで。何度も通って同じ舞台見てたらたぶん少しは気持ちが散ってしまう舞台も中にはあると思うんだけど、1秒たりともそんな瞬間がなくて何回見ても何回も同じところで笑ってしまうような本当に楽しい舞台でした。

コミカルな動きをしたり、にっこりかわいく笑ったり、舌を出して険しい顔になったり、普段の文一くんからは見られない表情ばかりだったから、劇中はずっとグレイとして観てたけど、フィナーレのブルースソングで「センキューJAPAN!」って叫んだ瞬間にふと我に返って、「あぁ、このカンパニーを率いて座長をやってるのは文一くんなんだなぁ」と改めて実感して、そこでいつも主演舞台という事実を噛み締めてた。

東京の千秋楽、拍手が鳴りやまなくて最後に一人で文一くんが出てきて挨拶してたんだけど、大阪の大千秋楽は「僕だけがいてもあれなんで~」と他のキャストさんも呼んでて。一番最後の挨拶って主演の人が一人で締めるイメージがあったし、主演が決まったとき最後に一人で挨拶する文一くんが見れるんだと嬉しくなったけど、最後の最後にみんな呼んでっていうのがなんか文一くんらしいなぁって。それが座長・浜中文一なんだなって思ったらやっぱりどんなに楽しくてもどうやっても泣けました。

初主演がこの作品でほんとによかった。これからもしかしたら主演舞台をもっと大きな劇場でどんどんやるようになるかもしれないけど、あの新宿FACEという小さい場所で、サンケイブリ―ゼという文一くんの地元の劇場でやったこの作品を、私はこの先一生忘れません。

「再演できたらいいな」がちゃんとした確約もないのに「絶対再演します」になって。自分は嘘をつかないから絶対します、大阪に帰ってきます、と言ってくれたことほんとに嬉しかったし誇らしく思った。優しくてかっこよくて心がとっても大きい最高に大好きな自担です。

 

全45公演かな?たぶん。

どれも楽しい思い出で去年以上に濃い1年でした。

2017年は来年の今頃に去年よりずっと楽しい1年だった!って胸張って言えるような1年にしたいなあ。

楽観的でアホで大人げなくてぎゃーぎゃーやかましい私ですが、来年もよろしくお願いします。

今も懐かしいメロディがささやいて祝うように

 

浜中文一くん、29回目のお誕生日おめでとうございます。

わたしが文一くんを好きになったのは5年前、すべてのきっかけはひとつの雑誌でした。存在はエイトが好きだった頃、ずっとずっと前から知ってたけど、まさか数年後に出戻って担当になってるだなんてその頃の自分にいくら言っても絶対信じないだろうなって思う。当時わたしはまだ若手俳優のおっかけをしていて、ふらふらしながら舞台や松竹座に遊びに行く感覚で現れるゆるい時期もあったけど、なんだかんだずっと好きで、今は俳優のおっかけをやめてどっぷりジャニオタをまたやってるんだから、本当に人生って何が起きるかわからないなぁといつもしみじみ感じる。

浜中文一はアイドルらしくないアイドルだと、言われることがよくあります。

もちろんそれは良い意味でみんな褒め言葉として言ってくれてるし、実際一般的にその通りだと思うから別にいやだと思ったことは一度もないし、甘んじてその言葉を受け入れてる。アイドルなのにファンサはあまりしないし、笑うわけでもないし、甘いセリフを言ったりもしない。プライベートも話さないから後輩たちからしても謎なことが多い。文字だけ並べると、何も知らない人から見たら完全マイナスイメージだなって思う。でも、それ以上に言葉は少ないけどいざというとき、ここぞというときにちゃんと自分の気持ちを伝えてくれたり、ファンへの感謝を忘れないでいてくれたり、どんなに忙しくても必ずWebを更新してくれたり、公演中はJr.の子たちにひと際気を配って目立たないところで踊ってる子たちにファンの目が行くように自分がそこに移動したり、自由に動けない楽器隊のところに行って煽ったり、常に前に出られるように押し出してあげたり。伝えてくれる言葉はあったかくてやさしいものばかり。かっこいいところ、やさしいところ、尊敬できるところがいっぱいあります。当たり前のことかもしれないけど、アイドルらしくないことよりも好きなところの方がたくさんあるから、わたし含めてみんな文一くんのことが好きなんだなと思う。今年のin大阪の放送が終わって、色んな人に「文一くんがいるとやっぱり違うね」だとかいっぱい言ってもらえたのがわたしはすごくうれしかった。自分で思うのはやっぱりどうしても贔屓目が200%入った感情だし、他担に言われてこその言葉だと思ったから。

10年前から知っているとはいえ、所詮出戻った身で。わたしは6人で活躍していた頃のVeteranを直接知りません。好きになると過去もまるっと知りたいタイプなので映像や雑誌を漁って出来る限り触れてきたけど、やっぱり現場での空気とか、そのときの感情はどうしても知り得ないことだから、文一くんが事務所に入ってから経験してきたことの半分すらわたしは知らない。立ち位置が下げられたり、仕事があまりなかったりすることはJr.にとって当たり前なことだけど、当たり前だって割り切れるほど人間出来てないから、わたしは正直今でも2012年から2013年にかけてがすこし苦手です。関西ジャニーズJr.の士気がどんどん上がっていく中、その中に自担たちがいない、人気と自担の活躍が比例しないのがすごくしんどかった。だからこそ、オダサクがいつまでも特別な作品なのかな。オダサクに初めて出演して、舞台に出るようになって、松竹座にもメインで出て、映画もまた出演して。こうやって挙げてみると、わたしが文一くんを好きになったこの数年の間に、色んなことが本当に目まぐるしく変化してる。得たものもあれば、失ったものもたくさんあった。そのつどどう思ったかなんて文一くんにしかわからないけど、つらくないわけなんてないし、わたしが想像する何倍も何十倍も色々思うことがあったんだろうなって思うし、いつか何年越しでもいいからあわよくば本人の口から聞けたらいいな。

今年に入ってから初めて二足の草鞋を履くことになって、物事がすこし落ち着いて見れるようになりました。そしたら、大好きだけじゃなくてここをもうちょっと直してほしいなとかこう出来たらなとか思う部分も見えてきて。でもそれは悪いことじゃなくて、だからといって嫌いになる感情でもないから色んな面から視野を広げられてもっと好きになれたように思います。どんなに好きでも、盲目的にまっすぐだとどうしてもしんどくなっちゃうから。掛け持ち(という表現自体があまり好きではないんだけれど)に否定的な人も多かったりするけど、わたしは結果的によかったなぁと自分で思ってる。

舞台に立ってる文一くんは、いつも楽しそうで一生懸命でキラキラしてて、本当にお芝居が好きなんだなっていつ見ても思う。どんどん表現の幅が広がっていって、今日見たこと以上のものを明日に見せてくれる環境があることを、ファンとしてとてもとてもうれしく思います。ミュージカルをたくさんやってほしいとか、ドラマとかにも出てほしいとか我侭で欲張りな感情はたくさんあるけど、でもやっぱり一番は文一くんがやりたいことをたくさんやってほしい。叶えたい目標をひとつでも多く叶えてほしい。それを自分の目で見られたら、ファンやっててこんなにうれしいことはないです。

苦しかったこともつらかった過去もすべて呑み込んで受け入れて、今の今までずっとこの道を続けてくれて本当にありがとう。これからも文一くんが進んでいく道がキラキラ眩いばかりの真っ直ぐなものでありますように。両手に収まりきらないくらいのありったけの幸せがいっぱいいっぱい降り注ぎますように。

アイドルらしくなくても、ジャニーズらしくなくても、そのらしくなさがわたしの好きになった浜中文一だし、そんなところも全部ひっくるめて今までもこれからこの先も、文一くんはずうっとずっと、わたしの大好きな最高のアイドルです。

29歳、本当におめでとうございます。

 

無人島で一緒に死にたい(ANOTHERのはなし)

タイトルはかの有名なショタおじ林真鳥さんの名言です。冷静に考えてもどう贔屓目に見てもこわい。

 

ANOTHERが終わってもうすぐ1ヵ月。

次の松竹座公演がはじまるまで何か書いておきたがりなので今更ですがぽちぽちメモ書きます。真鳥くん中心にパンフ見ながら気になったところを抜粋。遭難側のシーンは基本朝田くんを見てる。たぶん9割頭が弱い感想ばっかりです。

 

♩Another Tomorrow

大ちゃんの挨拶の後、白い衣装を着て出てきます。下手側。

最初の頃はそんなことなかったのに途中から後ろの下手側で踊ってる大晴の振りがどんどん大きく大袈裟になっていってもはや別の振付みたいになっていったのが面白くてとんだ視線泥棒でした。まとくんはそんな大晴の斜め前あたりにいたけど、たぶん並々ならぬ気配を感じるのか踊りながらもちらちら後ろ振り返ってたまに笑っちゃってるのがかわいかった。

「あの日見た夢はもう夢じゃない」のパートに合わせてのメインメンバーの衣装チェンジ。まとくんはこぉじの衣装担当。一度だけ脱がすの失敗しちゃってそっから脱がす方も脱がされるこぉじもめっちゃ慎重になってた。脱がせた後は一度下手にハケて衣装を置いてまた戻ってくる。このときにまとくんが持ってた衣装を朝田くんが受け取ってたのが見えたって友達が教えてくれた回があってもれなくしにました。こっから怒涛のまと朝タイムです。

「♩宝箱は胸の中」の後の「♩Another Tomorrow」の部分で前屈みで中腰状態になるところで毎回やたらと距離が近いまとくんと朝田くん。日に日に近くなっていってさながらヤンキーのメンチ切りのごとき近さ。目合わせて超楽しそう。

その後アウトロでFunky8(-丈くん)は下手側通路に客降り。ちゃんと見れたのが2回とかだったので順番は忘れたけど、ここでもまとくんと朝田くんは前後。一度ダンスの合間にアイコンタクトして笑い合ってたときがあって、気が動転して思わず隣にいる友人の腕をどつきました(迷惑)。朝田くんがいつもの当たり強い芸どこいったん…?ってくらい超可愛い笑顔見せててピャッってなる。始まって5分足らずでもうしんどい。

 

<出航~嵐>

毎回途中でふぅがが出てくるところでひゃー♡ってなってた。かわいい。

ふぅがが海に落ちたときの「みんな、助けて!助けて!」がほんと心に刺さって毎回胸が痛かったです。許されることならおばちゃんがいくらでも飛び込んで助けてあげたかった。

船が揺れて落ちそうになってるふぅがを赤名くんと吉岡くんが気にかけて支えてあげてて、ふぅがが落ちた瞬間二人同時に身を乗り出して手伸ばしてたのがすごく好きでした。いかついのに面倒見がいい。

ちなみにふぅがを心配しすぎて途中でリチャードも船から落ちてることにしばらく気が付きませんでした。ごめんチャドさん。

 

<墓標>

大西さんがあいつが死んだ朝を歌ってるときにぬるっとはしご登って現れる大橋くんの腕が照明が暗いせいか蒼白くてなんかこわい。その後顔綺麗な子出てきた!と思ったらね…それ朝田くんなんすよ……びびる…って茶番を友達とずっと続けてました。

リチャのむちゃぶりコーナーがだんだんむちゃぶり率が上がっていって、やり切るも耐えられなくなったリチャがよくハケようとしてたんだけど、それを止めてごめんごめんって笑いながら謝る朝田くんが毎回かっこよかった。たまにもう何も見たくないのか頭につけてるワカメで顔全体を覆って隠れちゃうことも多々あったんだけど、そのときにワカメを左右にかき分けて顔覗き込んでん~?って笑う朝田くんほんと最強に王子様だった。リチャが恋しなかったか心配。(ここまでずっと真顔)

前楽にしてリチャがいつもむちゃぶるこぉじに「待って、お前ほんまに康二か?」ってやり返してたのは笑ったし素でえ!?ってなるこぉじかわいかったです。ラブテクニック!

 

♩HI! HO!

スーパー目が足りないタイム。とりあえず見どころをみっつに分けます。

1.羊ふぅがの驚きの可愛さ

 なんかめっちゃかわいいの来た。 (※初日)

下手袖からぽてぽて四つん這いでやってくる羊ふぅが。あまりのかわいさに客席がどよめく。普段小さい子たちと絡んでる様子がまったく見られない朝田くんが「君がいて僕がいて~」の指差す振りのところでふぅがを指差してニコニコでれでれする始末。あとなんかめっちゃガン見してる回もあった。めろめろやないか。

公演の途中で左列バルコから登場するようになって、最初気付かなくてふぅが探したらバルコの手すりに腕乗っけてリズムに合わせて首左右に振っててしんだ。控えめに言ってもしんだ。

2.百戦錬磨のぶた北くん

かねてよりわたしの推しちびである川北くん。

彼もふぅが同様途中から下手側通路から登場するようになるんだけど、登場の仕方がえぐかった。

まず四つん這いで現れて起き上がる瞬間に通路横のお客さんガン見。その後立ち上がって踊りながらも通路一体のお客さん指差しして通路通るたびにとりあえずガン見。しかもただかわいい笑顔とかじゃなくてちゃんとアイドルスマイルなの。確実にファン増やしに来てる感。なんかあの年にして「お姉さんぼく今からオトしにいきますね」みたいな(知らんけど)さすが真鳥の推しショタ………と末恐ろしさすら感じた瞬間だったほんとに。

あと気が付いたらこぉじがリチャの頭のワカメ掴んでリチャごと振り回してたりせーちゃんが終盤なのによく合言葉忘れる記憶喪失にあったりその都度赤名くんがこうやでって教えてあげてたりとーわがフクロウいおりと腕組みながら器用に踊ってたりその横でせーちゃんがカエルがくさんをひたすらどついてたり右のバルコニーみたいになってるところでりくちゃんが腕使って鼻表現してパオーンってやってるのがかわいかったりしました。圧倒的に目が足りない。

 

<うまくいかないサバイバル生活>

新生見える聞こえるめっちゃ声でかいトリオ愛しい。

大橋くん「おさかなちゃんやで~!!!」←かわいい

葉っぱ隊のふたりが出てきて暴れまくってるときに大晴が隙あらば床に這いつくばって草パンツの中身見ようとしてたのが毎回面白かった。見たところで何のメリットが。これもまたその都度赤名くんが止めてあげててすごい嫌なやつのわりに根っからの面倒見の良さがにじみ出てる感があった。

恭平くんたちがパンツの説明してるときの朝田くんとせーちゃんとーわがなんか仲良くてかわいかった。せーちゃんに向けて魚ぴちぴちって動かしてせーちゃんが触ろうとしたら魚を大袈裟に前につきだしてわっ!って驚かせようとする朝田くん。こぉじが恭平くんに「乳首ちっちゃ!」って言ったらよろちくびのポーズしてアピールするせーちゃんに「あほか(笑)」って笑う朝田くん。お兄ちゃんらしさが爆発している。

草パンツの感想聞かれて長尾くんが「スースーする」って答えてこぉじが「スーを差し上げます!ってな☆」ってぶっこんだときがあったんだけど、こぉじが座ってるとーわ越しに笑いながらこぉじの膝バシンって叩く朝田くんの素早さに笑った。

 

ポケットに青春のFun Fun Fun

ケント「ポケットに…何ねじ込むって?領収書?」←大好き

 

♩Darkness

初日の感想:アッこれ詰んだわ

フード被ってる上になんかずっと這いつくばってるしやっと顔上げたと思ったらフードの下にさらになんか黒いスコープみたいなマスクしてる。絶対バックにいるんだろうけど見つかるはずない。詰んだ。

と心が折れかけたんですけど、見てるうちになんかひとりだけフードが浅い…前髪めっちゃ見えてる……と思ったらそれがまとくんだったのですごく助かりました。最初の立ち位置はやっぱり何回も見ないとわからなかったんですけど、もう一度言いますけどいかんせんまとくんの衣装だけフードがやたら浅い。一回見かけたらこっちのもんでした。

最初下手側からぬるっと現れてセットをハケさせた後にサビで一番最初に下手から出てくる。そっから這いつくばったりダイゴに足掴まれてくるっと回ったりして「もう迷うことはない」の後の間奏の直前に上手側に移動。

フードうんぬんを差し置いても、ひとりだけ指の動きがなんか違うからまとくんのダンスはすごくわかりやすい。「感じるすべてが~」の手のひらを上下に合わせてぱっくんちょする振りがすごくかっこよくて好きだったし、ダイゴに群がるところもただ手を伸ばすんじゃなくてちゃんと指まで神経を行き届かせて形を作ってて一目見ただけでまとくんの指だなってわかるほどでした。初日、群がった後にダンスに移る直前に顎をくいって上げて一瞬ニヤって笑うのがめちゃくちゃかっこよかった。

上手に移動してからはずっとダイゴの右隣にいたんだけど左隣にいたのがスエで、まとくんは時々愉しそうに笑いながら踊ってたりしたんだけど、シンメのスエは一切感情表に出さずに人形みたいに真顔で踊ってて、その対比が面白いなって思ったりしました。

 

<少年との出会い>

二の腕。

わたし別に筋肉フェチじゃないんですけど、こればっかりは思わず双眼鏡で二度見しました。プロテイン飲んでジム行って鍛えてたのは知ってたけどめっちゃ筋肉ついてる。怯んだ。こっからまとくん出てくるたびに筋肉ばっか見てたんで数回は話の流れがよくわかりませんでした(聞いてないから)。

あとスエのヤシの実タイムね。面白いときとネタ切れたんだろうなってときの差が激しかった(笑)

「アッこれ…絶対ヤシの実…これ…ぜったい…ヤシの実…(倒れる)」

「この硬さは…ヤシの実…ヤシの実は英語で……coconut(流暢)」

「この硬さは…ヤシの実…あワンツースリーフォーヤシの実あるある言いたい~♩言いたい~♩はーやーく言いたい♩ヤシの実あるある言いたい~♩(途中でシュンにもっかい殴られる)」シュン「はよ言え(怒)」

この3つが面白くて好きだった!期間中スエが寝ても覚めてもヤシの実のことばっかり考えて生活してたと思うとそれだけで愛しい。1ヵ月間お疲れさまやで。

 

<南の島に雪は降らない>

ケント「キョウヘイ…またねじ込んでんのか?」←超好き

 

<島の掟>

劇中丈くんが唯一ふざけられるコーナーだったから毎回ここに力注いできてる感がすごくて笑った。去年のこぉじ状態。前楽でアナ雪のとびら開けてネタやったかと思ったら「待ってくれ。俺がこの島に漂着したのが2年前、アナと雪の女王が公開されたのも2年前。俺まだ予告編しか見てへんねん。ネタバレはやめてくれ」ってダイゴのアナ雪ネタを断固拒否しだしたのはほんとに笑った。

ダイゴ「教えてよ」ジョウ「えっ?(素)」

ダイゴ「何が好きか」ジョウ「…アナコンダの、コンダ抜き」 

ダイゴ「僕と同じ!…じゃない!」でしょうね。

毎回丈くんと大ちゃんがあーでもないこーでもない言いながらネタ合わせてたかと思うとかわいい。

 

<学生~都会>

大西さんの学生なんかひたすらかわいい。なんか終始きゅるきゅるしてる。3年前のくすくす笑いどこいった。

 リチャに積極性が足りないと言われた朝橋がめっちゃかわいかったです。

リチャの叫びはわたしは見てないんですけど「淳弥チャック全開でーーーす!!!」が一番笑った。言われた朝田くんの反応含めてめっちゃ見たかった。

 

<オーディション>

今公演一番の問題シーン。振付師がほんとにしんどい(笑いすぎて)。

初日が大晴だったんですけど、次にせーちゃん見たら大晴ですらおとなしく感じたしとーわなんてほんとに大人しくて龍太助かっただろうなって思った。せーちゃんの日はまずせーちゃんが大暴走するしコニーさんも暴れるから間に挟まれて龍太ツッコミ過多すぎてしぬんじゃないかなって思った。めっちゃ面白かったけど。

漫才はやっとローテが微妙に読めてきたと思ったら順番変えられたりしてクリパの悲劇再びって思いながらもまた徐々にローテが戻ってきたからよっしゃこのままだとまと橋漫才見れるかも!!!って思ったらスエの誕生日に順番変えられたどころか組み合わせも変えられた悲劇。つらい。YOUたち除いたらわたし唯一まとくんの漫才だけ見られなかったんですよ…ピンポイントすぎてもう病みもしなかった…なんでアイドルのコンサートとか舞台来て漫才に一喜一憂しなきゃいけないんだって毎シーズン思う…

古謝末の漫才で何の脈絡もなくまとくんの鼻が盛大にディスられてたのが一番笑いました。ほんとスエも言ってたけどまとくん袖で泣いてるで。

 あとフレッシュJr.紹介コーナーでさのまさやくんの出番のときにコニーさんがいっつもまさやに過剰反応する流れも面白かった。一回「まさき」って将也と龍規混ぜてきたのも笑ったし龍太が「ちょっとヒヤヒヤするからほんまやめて!?」って言ってたのも笑った。切実な叫びだった。

 

<海から来た男>

「外の世界から災いをもたらしに来たのか?」

ここのセリフがやたらと好きでした。贔屓目もあるかもしれないけど、去年よりずっと滑舌が良くなった気がする。聞き取りやすくて戦士の威厳も感じられてたぶん劇中一番好きなセリフです。着ボイスほしい。

 

♩MysteriousDance

序盤川北くんとペアになって踊るところがあって初日見たときはただ純粋にまとくんよかったね…って思った。まとくんが蹴り上げた脚の下を川北くんがくぐったり下手したらぶつかっちゃう振りが多かったからかよく踊りながら川北くんのこと見て気にかけてたから勝手に息子設定なのかな???って思ってました。

そっから怜爾くんとペアになって鉄棒タイム。逆上がりするのはニシタクくん。

ニシタクくんが回るのをじっと見つめて回れた後微笑んであげたり、怜爾くんが肩痛そうにしてたら気にかけて頷いてあげたり何かとすごく優しかった。

棒の上に立つときに1回龍太の腕の飾りがぶっ飛んだときがあって、床に落ちてたんだけど誰も回収出来てなかったんだけど、途中でたぶんスエとまとくんが気付いて。槍使った振りの前に移動しながら二人同時に床に落ちてる飾りに近づいて、スエが拾うなってわかったらまとくんはそのまま軌道修正して自分の立ち位置に戻ってて、スエはさっと拾って袖に投げて何事もなかったかのように槍回しててなんかそれがすごくかっこよかった!出来ジュ!

 

<戦士たち>

「奴らを神への生贄とし、その怒りを鎮めることでのみシュンの命は助かるのだ。探せ!」

かっこいい。お気付きかと思われますが基本セリフをしゃべるとたいていかっこいい…ってなってる。だってかっこいいんだから仕方ない。マトリとスエが指図したことに他の戦士が従ってるからやっぱりこの二人は戦士の中でも長の腹心みたいな立ち位置だったのかな?

 

♩急げ若者

遭難者側と龍太、丈は衣装そのまま。他の戦士役の子たちは黒い衣装。ジャケットはそれぞれデザインが違って、まとくんは白いステッチみたいなのがついてるジャケット。白が入ってるからかやたらと目立っててどこにいても見つけやすかった。

スローモーションのところはまとくん、せーちゃん、おかゆちゃんで殴り合い。最初はちゃんと殴り合ってたように思ったんだけど、途中から見ててなんかおかしい。

 ・まとくんとせーちゃんで頭突き、せーちゃんの「イッター!」って顔が明らかに変顔

・まとおかが手を組んで、まとくんが羽交い絞めしてる隙におかゆちゃんがせーちゃんをタコ殴り(急所である顎を集中攻撃)

・殴り殴られるタイミングが合わなかったのかせーちゃんの拳に自ら頬を寄せて殴られにいくまとくん

・おかゆちゃんがせーちゃんの顎めがけてパンチ、せーちゃんが顎に力を入れたら当たったおかゆちゃんの拳が逆に砕ける

この4つが特に面白かった。他の組み合わせの子たちを一度も見れたことがなかったんだけど、その手前にいた朝田くんは至極真剣にとーわと怜爾くんに膝蹴りされてたからあそこまでふざけてたのはまとくんたちだけだったのかな。

「恋人よどうか泣かないで」で殴り合いやめて広げた腕を地面に下ろす振りのときに、まとくんは膝立ちでその振りをやってたんだけどほぼ這いつくばる形になっててその体勢がかっこよかったです。

その後上手側の台の上でまとくん、朝田くん、せーちゃんの組み合わせで縦列ダンス。この組み合わせが俺得でしかなかった。大好きなまと朝コンビとダンスの尊先と踊るせーちゃん。

踊り始めたすぐにまとくんがせーちゃん見てニヤニヤしてたりターンのタイミングで朝田くんとアイコンタクトしてにこにこしてたりしててやりたい放題かわいかったからこの組み合わせを決めた人にほんとに心からありがとうと言いたい。

前楽では最後のサビの前に順番が入れ替わる瞬間に前見ながら右手と左手で朝田くんとせーちゃんの腰あたりをぽんって叩いててうおおおってなりました。

 

<救出~ランブル>

「待て、たった一人で何しに来た?お前も生贄になりたいのか?」なりたい、なりたい!(ⓒ奥村くん)

その後の「皆の者、生贄が3人に増えたぞ!」の言い方と表情がものすごい悪い顔というか目ギラギラさせて不敵に笑ってて、島の戦士の威厳と島の掟と神の存在への信仰心みたいなのが見てとれたあの瞬間が好きでした。

乱闘になったとき、ショウはケントと闘ってたんだけどそのショウに遭難側の誰かが殴りかかろうとしたらすぐ後ろにいたマトリがすかさずその前に殴っててもう親子だなって確信の一途を辿るばかりだった。

ダイゴが命からがら薬草取って帰って来て、満身創痍で倒れた後にそばにいたイオリに目配せして槍渡してすぐダイゴに駆け寄るマトリ。倒れ方によってダイゴのシャツの腰の部分が捲れ上がってるときが何回かあったんだけど、毎回マトリがシュンに目線やりながらさりげなくぺろんって直してあげてた。直した後手の位置そのままだからダイゴのお尻触ってるようにしか見えなくてじわい。本人は至って真剣な顔つきでシュン見てるけど。ただ、腰の部分が捲れてたら直してくれるけど肩の部分が捲れてても直してくれない。

シュンの意識が戻ってほっとしたみたいに項垂れて、その後船を出すことになったときに劇中で初めての優しい笑顔を見せてくれるところも好き。

 

<別れ~日本へ>

星をさがそうの終わり際にセットが回転して、戦士たちがセットの下に立ってるんだけどまたマトリの前にショウいる。最初は途中で肩に手乗せるようになったんだけど、2回目見たときにはもう最初からショウの肩にマトリの手があった。もう言うのもしんどいくらい親子。

こっからまとくんの怒涛のアイコンタクト祭りがはじまります。

セットの下から前に移動するときに毎回川北くんがまとくんのこと見上げるんだけどそれがめっちゃかわいい。まとくんもしっかり目見て相槌。その後二人の間に5人くらい入れるほど距離が空くんだけど、1回その距離の中で目見合わせて頷くっていうやりとりを3回くらいしてたときがあった。以下略。

 

♩Another Tomorrow

「波のきらめきか涙のしずくか」で左右にいた古謝とスエともアイコンタクトしてニコニコ。ここで今までずっと無表情だったスエがまとくんと目見合わせて初めて笑っててなんかかわいかった。

「右か左かさえ」で後ろを向いて右と左を交互に指差すところのまとくんの上腕三頭筋が本当に本当に本当に最高だった。あそこだけはどこの席にいても双眼鏡で見てましたすみません。まとくん左腕より右腕の方が太くてテニスプレイヤーみたいな筋肉の付き方だなとか冷静に思っててほんとごめん。

アナトゥモは「まだまだまだいけるはず」のところのステップがかわいくて好きです。あとOPでも思ったけどまとくんは「僕らはもう見つけている 宝箱は胸の中」のところでしぬほどやさしい顔してて、表情もダンスの表現の内ってこのことを言うんだなぁって毎回しみじみ思う。好き。

曲終わりに上手に移動してみんな船出を見送る島の戦士の皆さん。何回かどさくさに紛れて投げチューしてるときがあってあそこだけただの林真鳥すぎて笑った。友達が投げチューを受けて朝田くんが手を振り返してるっぽいって言ってて動揺しながら次の公演からめっちゃ注意深く見たんだけど、投げチューの直後に幕が閉まったりしてちゃんと確認できなかったので真実は闇の中である。終盤はよく移動してさりげなく川北くんの肩に手回して一緒に手振ってた。動物園でエサ食べてる猿に手振る親子のようだった。

 

<SUMMER SHOW>

♩Battle

朝田くんの(お父さんのスーツ借りてきたのかな?って言いたくなるほどサイズが合ってない上にネクタイも自由に飛び出す)スーツ姿に目を奪われてたら唐突に現れるカラーギャング集団。

f:id:m_bxxi:20160917084617j:image

ハイどどーーーーん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 細身のナイキのパンツめっちゃかっこいいけどどっかで見たことある…と思ったら優馬コンの稽古着だった。私服(死)

「熱い思いを思い切り叫べ」の後たまにこぉじが地声でふぉーーーー!!!って叫んでたんだけどそれ見て面白そうに笑うのがかっこよかった。その後すっぽんから舞台上にこぞって戻るんだけど、なぜか絶対こぉじの腰を抱いて移動してた。

Battleでチーム分けしてダンスバトルするようにした人ほんと天才だと思う。2チームに分かれてのダンスバトルもよかったけど最後のサビでぺアになってダンスバトル。追い打ちすぎる。

まとくんは今江くんとペア。まとくんが煽って今江くんがノってどんどんダンスが激しくなっていくっていうのが基本だったけど、たまに今江くんがにこにーポーズしたりまとくんが帽子を被りなおしたりして、問題のシーン。「Fight it!」の部分。

なんかまだいっぱい呟いた気がするけど拾いきれなかったから抜粋。1回何を思ったかまとくんが今江くんの頭掴んで顔傾けだしたときはまじでチューすると思ったなぁ…とかあの距離で微笑まれて老若男女まとくんに惚れない人いる?今江くん大丈夫だった?とかいろいろ思い出していま死にそうになってるからざまあない。

噂によると他のペアも色々してたみたいで、こじゃあさのお姫様抱っことかこじゃあさのお姫様抱っことかこじゃあさのお姫様抱っことかめっちゃ見たかったけど片時たりとも視線を他に向けさせてくれないまと今コンビでした。~完~

 

♩Brother

間奏のダンスタイムで出てくるFunky8(-丈くん+とーわ)。

リチャとペアになってダンス。Dance‼の前にたまに指を軽くタットみたいにうねうねさせて準備運動してたのがかっこよかった。中腰になって動き止めるときに朝田くんと目合わせて床に落ちてる架空の何か(砂?)を二人で拾ってふぁーってその場に撒いてた。よくわからなかったけど二人が楽しそうだったからもうそれでいいってなる。

その後移動して階段上に。まとくんはこぉじがいるセンター。リチャ大橋古謝と一緒。途中こぉじも含めて4人で拳合わせてたんだけどたまにじゃんけんとかして遊んでた。大サビでは左側にいる今江くんとスエに目配せ。目が合ってはにかんじゃう今江くんと気付いてるのに気付かないふりしてるスエ。スエがこっち向くまでずっとガン見して根負けしてスエが笑っちゃってた。かわいい。

最後コーラスが終わって暗転になるといつも古謝となんかやってた。拳こつんって合わせたり、前楽は何を思ったかソッ…と古謝の手を握りに行ってた。もちろん貝殻合わせの恋人繋ぎ。なんなの。

 

♩Esper

下手から上手まで所狭しと駆け回ってひたすら客席にファンサ。一回せーちゃんにおんぶされて出てきたって聞いたけどめっちゃ見たかった~!!!楽しそうで何よりだよ…。

ずっと客席にファンサしてたからそこまで誰とも絡んでなかった印象。スエのこと突っついたり今江くんと肩組んでたりしたくらいかなぁ。それより手振るわ投げチューするわ♡作るわそれふーってするわとにかく短い中でのファンサがすごかった。1階前列から目についた2階3階まで満遍なくやってた。

出てきた瞬間じゃんけんおっぱじめる丈くんと大西さん、花道にだーっと現れてチョケるるたこじすえ、笑顔でスエをどつきながら歌う龍太が楽しそうでかわいかったです。

初日ではやってなかったのに途中からFunky8の8人が真ん中に集まってくれたのがほんとにうれしかった。大人の事情とか色々あるのは重々承知だけどやっぱり諦めたくないなぁと改めて思いました。

 

♩バンバンッ!

前楽のみ追加。

煽り曲だからまた誰とも絡まないかなぁと思って見てたら煽りながら上手側にいたふぅがの後ろにそっと近づいて肩に手置くまとくん。オッまたお得意の肩に手置く芸か?って思いながら様子伺ってたらそのまま脇腹掴んで持ち上げて高い高いしてた。めっちゃ楽しそうに高い高いするまとくんとそのまま直立不動でめっちゃ高く宙に浮くふぅが。その後何事もなかったかのように離れていったからなんだったんだすぎた。

 

♩鼓動

1番のサビの後に白いタキシード来て出てきてソロダンス。

元々動きがしなやかで綺麗だなぁと思ってたけど、中日すぎてからのパフォーマンスが踊りのひとつひとつに感情が爆発してて圧倒された。日誌であそこにすべてを注ぎ込んでるって書いてあったけどまさに感情が溢れ出てて、わたし人のダンス見てあそこまで感動したの初めてだった。踊りの最後に膝立ちの状態で口元に手当てて天井仰いでた姿が今も忘れられない。最後のサビは上手側で歌いながら踊ってて、めちゃくちゃ目立つ立ち位置ではなかったけど、どの立ち位置だろうと120%の力でダンスするまとくんは本当にかっこいいなぁと思った。

最後のこぉじの挨拶のときに真っ直ぐ客席を見据えて「ありがとうございました」「よろしくお願いします」ってこぉじの挨拶を口パクで復唱してくれるまとくんが大好きだ~~~。

 

ほんとうにただひたすら楽しい夏でした。

キョウヘイが眠るあの島でコウジと島のみんながいつまでも幸せに楽しく暮らしていく未来を願ってやみません。

1ヵ月間お疲れさまでした!

Funky8単独公演にどうしても行きたい

巷ではだいぶブームが去ったセットリスト妄想を今更やってみました。

ジャニーズ全般詳しいわけではないのでどうしても嵐とエイトが多いです。

 

まずはセトリ。

 

 

 わりと殴り書きで読みづらくてすみません。

 

01.FOLLOW/Kis-My-Ft2

クリパで観客の度肝を抜いたパフォーマンスから始まる念願の単独公演アツい。

あのときいなかった末澤くんを含めた完成形をここにきて披露まじアツい。

 

02.NEXT STAGE/関西ジャニーズJr.

FOLLOWで上がりきったテンションをなお全力で上げてくるこのナンバー。

大サビのソロはもちろん我らがセンター丈くんでお願いしたい。

 

03.Funky Eight × Loud-X

優馬コンのFunky Nineをベースにしたダンスメンバー紹介の後にLoud-Xをうまいこと繋げてほしい。これはもう言うまでもないです。

「I say FUNKY, you say EIGHT!」

「Funky?」

\EIGHT!!!!!!/

「Funky!?」

\EIGHT!!!!!!!!!!!/

これがただただやりたいだけ。

 

04.バリバリBUDDY!/V6

MUSIC DAY見てこれファンキーがやったらめっちゃかわいくない!?!?!?!?!?って大興奮したのでセレクト。絶対かわいい。間違いなくかわいい。

 

~ソロコーナーそのいち~

前に47ツアーのときだったかな?エイトがツアーの途中でソロコーナーを追してきたんだけど、それが公演毎に日替わりだったのがわりと衝撃的で物議を醸す感じがすごいジャニーズだなあって思ったので採用しました。昼公演と夜公演で各4人ずつ振り分けられます。

 

05.だってアイドルだもん/大倉忠義(大橋ソロ)

もうおおはしくんのためにある曲だなと。

大倉以外におおはしくんが歌わずして誰が歌うのかと。

 

だってアイドルだもん

お・お・お・おーはし

だってアイドルだもん

L・O・V・E おーはし

キュートでプリティー 誰にも負けないよ

Wooo…Wow!\かずくん♡/

 

歌ってほしさしかない。

服装はドンキとかに売ってる動物の着ぐるみ風パジャマでお願いしたい。

おおはしくんに「好きな食べ物は~プーーーリーーーーンーーーー♡(字余り)朝昼夜いつでも~プーーリーーーーーンーーーーーーーーー♡(字余り)」って歌われたらその公演終わり絶対みんなプリン食べると思う。かわいい。

 

アイライロ安田章大(末澤ソロ)

末様ぜっっっっttttttttttっっっっっっっっったい安田くんのソロ曲似合うと思うんですよね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

なんかこうロンT+ジーンズでゆるっと歌ってほしい。フリーに踊ってみたり座ってみたりとにかく自由にやってほしい。絶対かわいい。

 

06.Mr.Jealousy/中島健人(真鳥ソロ)

ハイまとくんが女をオトしにオトしまくる時間で~~~~~~~~す!!!

ご注意くださ~~~~~~い!!!!!!!

バックは他のFunkyさんがセルフバックでもいいけどここはやっぱり福福とわせいをつけてガッシガシ踊ってほしいです。いつか本家の健人さんとすのーまんさんみたいに白シャツ黒ネクタイ細身の黒スキニーで踊ってほしい。まとくん要所要所に得意のタットと投げキッスとウインクぶっこんでくるから2分足らずのこの時間で観客はたぶんどっと疲れる。

 

Black Joke/Kinki Kids(古謝ソロ)

Kinki担のKinki担によるKinki担のためのパフォーマンス。

本家のパフォーマンスのいいところいっぱい知り尽くしてるからもうこれでもかってくらい魅せそう。かっこつけてるけど大袈裟に見えなくてただただかっこいい。

 

~学園祭コーナー~

学園祭の出し物をモチーフにしたパフォーマンスがはじまります。

学園祭設定だからもちろんみんな!!!制服!!!!!!!です!!!!!!!!

ブレザーを各々着崩してほしい。

たぶんまとくんは胸元のはだけ方がすごいし大橋くんはかわいく胸元に缶バッジとかついてるし末様はぜったい大きめのセーター着て萌え袖になってる。

最初にリチャと丈くんから面白おかしいコーナーの説明があるはず。

その間に古謝がハケて着替え終わって賑やかで楽しい学園祭がスタートします!

 

07.キ・ス・ウ・マ・イ 〜KISS YOUR MIND~/Kis-My-Ft2

イントロの重なり合ってちゅっちゅするやつがやってほしいだけ!!!!!!!ぜったいかわいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!以上です。

 

08.ロマンティック

学園祭コーナーなんだからもう気分は女子高生でいきましょう。

お決まりのC&Rはそれぞれ思いを寄せる憧れの先輩・クラスの男子・かわいい後輩に向けて叫ぼう。絶対楽しい。

 

09.1秒KISS/関ジャニ∞

こっからバンドスタイルに。

朝田くんがドラム、まとくんがキーボードに移動してギターとベースにはそれぞれ正門くんと吉岡くんが付きます。あとの人たちはダンス、リチヤ丈あたりにはサビの合いの手入れてほしい。

この曲が好きでFunky8さんたちに似合うと思って選んだんですけど、一番の理由は大サビ前のギターソロを正門くんに弾いてほしいからです。丈「ギター!まさかど~~~~~!!!!!!!」って紹介されて前に出てきつつギターソロで魅了してCメロ前にまた後ろにスッと戻っていく正門くん超絶かっこいい。その瞬間だけ誰しもが正門くんに担降りする。

 

10.言ったじゃないか/関ジャニ∞

途中のセリフのところは公演当日の舞台袖でジャンケンで決めます。ガチじゃんけん。

 真鳥「まとりくんのお嫁さんになりたい♡って!!!!!!!」

リチヤ「メンディーよりもリチャードが好き♡って!!!!!!!」

「「「「「「「「言うたやんか~~~~~~~~~!!!!!!!!!!」」」」」」」」

だいぶ愉快。たまに大橋くんが意味わからないこと叫んでその後のMCで物議を醸したりもする。

 

~MC~

ここでMC。制服のままMC。

これでもかってしゃべり倒すけどたまに自分たちでコーディネートした制服のファッションポイントとか教えてくれる。

 

11.カラフル/山下智久(朝田ソロ)

声質的に絶対合うと思った。末様同様に自由に動きながらゆったり歌ってほしい。

最後の「カラフルな世界へ」の部分で薄く微笑んでくるから前列の観客がもれなくみんなしにます。

 

トリックスター横山裕(藤原ソロ)

丈くんにはどーーーーーーーーーーーーーーーーしても横山さんのソロを歌ってほしかった。

いつものおちゃらけキャラを完全封印してかっこよさ全開のパフォーマンスで魅せます。

 

12.Rain/大野智(リチャードソロ)

TOP SECRETと迷いました~。でも絶対大野さんソロがよかった。

リチャ絶対大野さんソロにハマると思う。本家の振りをそのまんま踊ってほしいです。

 

Hello Goodbye/相葉雅紀(今江ソロ)

 

ご機嫌いかがですか?元気にしてますか?

最近忙しいけど

会いに行くよ 会いに行くから

 

って今江大天使に微笑みながら歌われたさ。

嫌なこともつらいことも悲しいこともストレスも全部洗われそう。

エンヤもびっくりのヒーリング効果。

 

13.KISS KISS KISS/KAT-TUN(真鳥朝田古謝末澤)

ここで二手に分かれての曲披露。

本家の振りもいいけどここはやっぱり我らが真鳥くんに振りつけてほしいです。

全然本家と違う振付でもいいけど「物語のはじまりは SWEET MOTION」だけは変わらず腰を振ってほしい。まとくんが振りつけた腰振りだからきっと性的すぎて会場がざわつくレベル。まとくん筆頭にみんなすごい。腰ってそんな動きする!?ってくらい。見てる人たぶん何人か腰抜かす。

 

14.ハダシの未来/嵐(藤原草間今江大橋)

KISS組の4人と入れ替わる形でスタンドマイク持って登場します。

みんなキラキラのアイドルスマイルで踊って歌うからさっきと比べてこっちはひたすらかわいいな~~~癒されるな~~~~って思って一緒に踊るけど、大サビの「コトバじゃなくてウワベじゃなくて 飾らないでいるから」の指差す振りのところで全員でウインクかましてくるから油断してる客が本日何回目かわからない死を迎えます。

 

15.ブリュレ/関ジャニ∞

ここで再度全員そろってのパフォーマンスに戻ります。

全員にソロパートあったら嬉しい。

誰がどこ歌っても嬉しいけど大サビの「どんな予想外の味だって喜んで平らげます」は出来ればまとくんに歌ってほしいです。喜んで平らげられたい女子続出する。

 

16.Get Up!/中山優馬

優馬コン思い出してうわあ~~~~~~~~~><ってなるからここにきてこのチョイスはずるいやつ。

優馬コンでは一番最初に歌われてたけど、終盤に歌われて

「まだまだいけるか!?」

\Yeah!!!!!!!!/

って煽られるのも絶対楽しい。

 

17.FUNKY/嵐

最初にセトリを考えたときに真っ先に一番歌ってほしいと思った曲です。

Funky8がFUNKY歌うの最高じゃない??????

ミラーボールがギラギラに煌めく中でもうここクラブかな?ってくらいノリノリに踊るファンキーちゃんたち絶対かっこいいかわいいしかっこいい。

あと曲の最後と一緒に銀テープ噴き出してほしいですね。

 

~挨拶~

興奮冷めあらぬ中ひとりひとりの挨拶が入ります。

初日に泣く人がいきなり出てだんだんみんな笑顔で挨拶できるようになるけど千秋楽につれてまた泣く人が出てきて最終的に千秋楽はみんな泣くと思う。

 

18.Share/NEWS

ベストアルバムの中で一番好きな歌です。

NEWSが歌ってこその曲だと思う人もいると思うし私も思いますが歌詞がぴったりだなぁと思って。

もう最後にこれ歌われたら泣くしかない。本人たちも我慢して歌ってるけど

さらに続く見えぬほど 

だから言う 十年後も

今までもこれからもいつまでも

隣にいてくれてありがとう

って丈に歌いながらみんな見渡して頭下げられたらそれきっかけで涙腺崩壊して本人たちも観客もたぶんみんな泣く。

 

~アンコール~

 

19.マ・ル・モ・ウ・ケ/ジャニーズWEST

ラッキィィィィィィィ7再来。

「あなたのFunky8、出番です。」って言われたらさっきの号泣引きずって盛り上がりながらまた泣く。

泣きながら「盛り上がれんのか~!?」って叫んだら目真っ赤だけどもう楽しそうに笑ってるファンキーさんたちが「俺ら次第や~!!!!!」って叫び返してくれるからまた以下略。

 

20.Esper

松竹座厨にトドメ刺してくるここにきてのEsper。

激動の時代から常識破って極上の衝撃が扉を壊して君を連れ出してくれるからFunky8大好きだ!!!!!!!!!!ってなる。

 

~ダブルアンコール~

 

21.UME強引オン!

終わっちゃうのがさみしいけどそれ以上に盛り上がりきってるからもう世界中のハッピーが松竹座に集まってんじゃないかってくらい何しても楽しい。

花道では古謝と末様と大橋くんがハイタッチ祭り開催してるし丈とリチヤは2階と3階に指差し芸やってるし朝田くんと今江くんはファンサしながらふたりできゃっきゃしてるしまとくんは前から順番にウインクかまして自分のオンナ増やしてる。

 

そしてあんだけ泣いてたのに最後は目パンパンになりながらも笑顔で帰路につかせてくれるFunky8さん最高だなって実感しながら松竹座を後にします。

 

 

とんでもなく長い文章になってしまったけど考えるのめっちゃくちゃ楽しかったです。

これはただの願望にしかすぎないですけど、彼らならいつか実現してくれるって信じてる!ほんとに!

早く単独公演の発表があってチケ申し込んで落選しまくってチケ業務に病みながらも初日迎えさせてね!

 

長々とお付き合いいただきありがとうございました!

誰もが待ち焦がれた(春松竹のはなし)

春の松竹公演が終わって早3週間弱。

映画も絶賛公開中というのにまだまだ思い出に浸りたいがために流行りに乗ってはてなブログをはじめてみた。楽しかった思い出も切なかった思い出もぜんぶ忘れたくないので覚えてるうちにいろいろ書き出してみようと思う。最初から最後までぶんいちくんのことばっかです。ひたすら長い。ただただ長い。

 

◇Dream Catcher

上手通路横お立ち台に登場。初日観たのがたしか2階席だったのであまりのキューティクルの綺麗さに慄くしかなかった。一度座席が1階後列だったときに「そういえばここの席ドリキャで登場する文一くんガン見出来んじゃね?」と気付いて始まる前から友達と回れ右。みんな前向いてるのに二人だけひたすら体ごと右。大ちゃんごめん。前だけ見据えてサラツヤの金髪を靡かせ颯爽と通路を歩いていった文一くんはこの世に存するものとは思えないほど美しかったです。ちなみにある日の公演は遅れて入場してきた人がなかなか自分の席を見つけられなかったのかなかなかずっと通路にいて「あああもうすぐぶんいちくん出てくるのに間に合わないあわわわ」と3階席で無駄にハラハラした思い出もある。出てきて5分も経ってないのにとんだ思い出の濃さ。

大サビ前に康二のフェイクが入るところで後ろを向きながら大西さんと目を見合わせて大げさに足でカウント取ってたのが毎回すごくかわいかった。表情は見えなかったけど大西さんがニコニコしてたから文一くんもニコニコしてたんだろうなぁ。

 

◇バンバンッ!

スーパー固定ファンサタイム。相手はもちろん大西風雅くん。

ありとあらゆる方法で風雅くんを構うぶんちちおじさん。風雅くんが他の誰かとなんかしてたらゆーっくり近づいてって後ろの方でじっと待って、相手がどっか違う方向へ行ったらすかさず近寄って鬼構う。ちょっとこわさすら感じた。Bababababababang!でお互い銃で撃ちあってたのはかわいかったけど。怒涛のごとく風雅くんに鬼構う文一くんを通りすがりの康二が見てよく笑ってた。

 

◇ロマンティック

終わらないスーパー固定ファンサタイム。

初日にC&R後のサビで「ここの振りは大きく!こう!大きく!踊る!」と言わんばかりの大きい身振りで振り踊る文一くん。その間風雅くんの顔ガン見。初日は今回初めて見る金髪のおじさ お兄さんが怒涛の絡みを見せてきて戸惑ってた風雅くんだったけどだんだん慣れてきたのか何なのか一緒に飛び跳ねてあげてて花丸あげたかった。あとは

・「もーちろんきみに!」「あーなーただけに!」「きーみがすべてさ!」全部風雅くんに指差し。浜中さんそれ某濵田相手によくやってたやつや。

・風雅くんと手のひらを合わせてきゃっきゃとステップ。戸惑いながら付き合ってあげる風雅くん(やさしい)。

・とうとう風雅くんのバックについてフレッシュJr.ばりにシャカリキ踊る。

バンバンからロマンティックにかけてはあらゆるところで悲鳴起こってたから各々かわいいことしてたんだろうなって思ってはいたけどどうしてもおじさんから目が離せなかったからるたりくがきゃっきゃしてたのしかわからなくてほんとに目が足りなかった…

 

◇関西Jr.紹介ダンスコーナー

ねえさっきまでの妖怪ショタ構いおじさんどこいったまじで?????????

ほんの数秒ステップ踏んだだけなのにしぬほどかっこよかった……腰ぬかすかと思った…。

こじだいりゅちぇが踊ってるとき後ろで黒の衣装に身を包んだ文一くんと龍太が控えてる姿がスポットライト当たってなくてもすごくかっこよかった。大御所感出てた。たまにあの瞬間に二人が耳打ちして笑いながらなんかお話してたことが何回かあったんですけどあれは何を話してたのかなぁ。ちなみにほぼ9割の確率でハケるときに下手袖近くにいる風雅くんにハイタッチしてハケていってました。いやさっきまでのかっこよさわい!?!?!

 

◇雅

傘片手に文一くんと龍太が左右に分かれて前に出るところが毎回好きでした。シンメ感すごい。めっちゃ余談ですけど編み込みヘアーで紫のギラギラ衣装着た龍太の地元の祭りに張り切って参加する地元のヤンキー感は異常。

 

◇誘う

Aメロ行く前に隣の大ちゃんと向き合ってお辞儀。そのまま移動しながら大きい扇子持ってる吉岡くんにも会釈。吉岡くんも軽く会釈返してあげてたんだけど一回なんか小さく吹き出してたときあって笑ったし千秋楽だけ吉岡くんにめっちゃ寄ってって距離めっちゃ近かったのも笑った。「甘い残り香に~」の文一くんの歌声が色っぽくてほんとに最高だったんですけど、歌った後に隣の恭平くんに傘渡す渡し方がめっちゃ優しくて好きしかないなって思った。好きしか言えない語彙力のなさ。Aメロのラップ前のスポットライト当たってなくてセットが移動するところでいつも文一くんが上手側の階段にいる龍太になんか説教してたんだけど、千秋楽だけめちゃくちゃ優しい顔して微笑んでて龍太も笑い返しててさめざめ泣いた。今回久々だからかぶんるがちょいちょいぶんる特有の雰囲気醸し出してきてつらい。

 

◇心の空

ここらへんでアッなんかこの流れめっちゃ少年たち2010のオープニングっぽい…って思ってたらギラギラしたビラビラ(正式名称知りません)流し始めたからしんだ。文一くんのビラビラを受け止める係が吉岡くんだったんですけど、ああいうジャガーズがネタにしそうな裏方やるJr.見るのが実は好きなのでひそかにたまに2階3階のときは文一くんと吉岡くん交互に見てました。

 

◇百花繚乱

最初の方の公演で扇子パフォーマンスの前に懐からなかなか扇子が出なくて失敗してたときがあって、それ以来懐に手突っ込んで扇子取り出す体勢に入るのめっちゃ早かった。歌ってるときにもう手が懐入ってた。扇子キャッチはうまいときはほんとに投げるのうまくてひらーっと大晴のところに扇子がきれいに飛んでいってたけどたまに急降下とか急上昇とかいろんな動きしてて大晴がなかなか苦戦してたから心の中で超応援してた。終わったあと大晴とよくアイコンタクトをしてたんだけど、キャッチ出来たときたまに大晴の顔見ながらうんうんって頷いてあげてた。やさしい。

 

◇あなた

その前のtorn終わりに康二が龍太の腰抱いたり後ろから抱き付いてうりうりしたりわりとやりたい放題だったんだけど、だんだんエスカレートしてくから上手から出てきた文一くんが歩きながら普通に笑っちゃってたのが可愛かった。

歩き出した夏に続く安心と信頼の堂本剛くんソロ。煌びやかなステージでもなく、バンドを従えてマイク一つでのシンプルなソロパフォーマンス。前よりもずっとずっと声がのびやかで、ペンライト振るのも忘れて思わず聞き入った。ドッグファイトで鍛えられたからか文一くん元々すごいと思ってた声量が更にものすごくてマイクいらないんじゃないかと思うくらい。剛くんの曲ならORIGINAL COLOR歌ってるのも聞いてみたい。

 

◇桜援歌

元々Eighterの懐古おばさんなので泣いて喜びかけたんですけどまさかの歌わない展開。文一くんがやりたい放題すぎてたまに龍太が普通に困ってたり笑っちゃってたりしたからあそこ文一くんの自由時間なんだろうなって思ってたら案の定そうだった。最初困ってるだけだったのにだんだん龍太もヤンキー口調で反論してふたりでギャーギャー言い争ってたのが毎回かわいかった。ああ言えばこう言うおじさんと啖呵切るくせに押されると弱いおじさん。かわいい。このコーナーで個人的に一番面白かった一言は龍太に怒られた文一くんの「何なん!?室くんの欲求を満たすためだけの俺なんですか!そのために俺がここにいるんですか!?」って逆ギレしてたやつです。笑った。

 

◇HONEY BEAT

「ちゃんとした応援ソングを歌いたいから一緒に歌ってくれますか?歌ってくれるんですねではどうぞ!」って始まったわりに龍太やほかのJr.はちゃんと本家の振り踊ってるのに文一くんだけ振付がなんか独特。顔はいたって真剣だから振りとのアンバランスさが面白くて笑ってたらその隣にいる龍太が文一くん見て一番笑ってた。大好きかよ。「笑って~♪笑って~♪笑って~♪」のところを毎回「笑えや!笑えや!!笑えや!!?」ってキレたり「笑って!笑って!!笑って!!!」ってキレながら懇願したりやりたい放題すぎた最年長。千秋楽はその前のくだりで文一くんにボロカス言われて凹んじゃった龍太を慰めるために龍太だけを見て歌ってたんだけど、「笑うと♪歯茎が♪見えてる~♪」って替え歌して「歯茎見えてへんわ」って怒られて叩かれてた今回ぶっちぎりの最年長。

 

◇花唄

その次のコントの都合でいたりいなかったり。右に左にうろうろしながら楽しそうに歌っててかわいかった。1回ずっとしゃくれながら歌っててしゃくれに夢中になりすぎて次の前説当番で執事カフェのマネージャー役だったのに着替えるの忘れてあの白いスーツのまま執事マネージャーやってたって聞いてめっちゃ笑いました。何やってんだ。

 

サクラ咲ケ

みんなわらわら出てくるからあんまり覚えてないんですけど、一回気付いたら曲終わりに龍太とはれちゃんが陸ちゃんの取り合いしてたのがかわいかったです。はれちゃん陸ちゃんと肩組む→龍太が陸ちゃん自分の方に引き寄せる→はれちゃんハァ?って顔して取り返すをずっとやっててかわいかった。真ん中できょろきょろ二人の顔見る陸ちゃんまじ天使。

 

◇コント前説

運良く文一くんの前説(って言っていいのかわからないけど)2回見れました。

1回目が川北くんと漫才。師弟コンビだ~川北くん憧れの師匠と漫才出来てるじゃん~~~って思ったら想像以上に川北くんがガチガチに緊張してたから見てるこっちが授業参観の保護者気分。文一くんを見上げる目がほんとにきらっきらしてて緊張しながらもめっちゃ嬉しそうでああこの子ほんとに文一くんのこと心底尊敬してるんだなぁとおばさんはしみじみ思いました。かわいい。

2回目が風雅くん。言うまでもなくデレデレ。限りなくデレデレ。

見どころを聞かれて風雅くんが答えたら文一くんがわりと真顔で「でも俺はずっと風雅を見てるよぉ。踊ってるときでも何してるときでも。」って答えててこわかった。後ろのお姉さんが普通に「こわい…」って言っててそれに笑ってたら風雅くんも「ちょっとこわいです。」って答えてた。でしょうね。

 

◇コントコーナー

・学校コント

生徒と先生両方見れたんですけど、生徒のときのあのクラスを陰で操ってる裏番長感。後ろの席で舎弟康二と二人でずっとこそこそきゃっきゃ楽しそうにしてたのがかわいかった。2日昼の龍太先生が出したクイズが「好きなフルーツは?」だったんだけど、龍太がヒントくれたときに「ぷるんとしてるやつね!」って言いながらルンルンでペン進めてたから何書くんだろうと思ってたら書いた回答が朝青龍。笑い死んだ。ほかの生徒もお客さんも笑いの渦に包まれてたらたまにすごい角度からのツッコミをしてくることに定評のある龍太先生が「たしかにぷるんとしてるけども!」って言い出したからさらにしんだ。朝青龍をぷるんとしてるって表現する人初めて見た。あと「炭酸飲料と言えば?」ってお題のときに「バブ」って答えてたのほんと天才すぎかと思った。

先生役だった千秋楽は丈くんが転校生役として飛び入り参加してたんだけど、今回の小島の暴走を知らなくて戸惑う丈くんが文一先生のこと不安そうにめっちゃ見てたのが面白かった。そもそも小島が暴走してどうにもならないときは丈くんどころか小島含めた全員がいちいち文一くんの方を見てた。どんなとっ散らかった状況でも文一くんなら何とかしてくれると思ってる全員の総意。

文一くん以外の話をすると8日の赤名先生が最強に面白かったです。やっぱりどうしてもとっ散らかっててみんなに「こわい!」「意味わかれへん!」とかさんざん言われてたけど最後までオネエキャラを一切崩さなかったのすごいなと思った。龍太くんお気に入りで「室くんあとで職員室来なさい♡」って言って気持ち悪かったのもみっちーに「道枝くん書けた?」って3秒に1回絡んでしつこいって怒られてたのも康二のネタやって「それ俺のや!」って康二に怒られた「…1回やってみたかったのぉ。・°°・(>_<)・°°・。」って言ってたのもかわいかった。赤名先生ここだけで終わらせてほしくないキャラすぎた。

 

・執事コント

なんといっても浜中ばみゅばみゅ。ドピンクのボブにぴちぴちのシャツにウエストぎちぎちめのピンクチェックのスカート。視覚の暴力がすぎる。股ぱっかーん開いて座るわジー子ちゃんとキャットファイト始めるわ龍太にプロレス技かけるわやりたい放題。何がひどいってその日のマネージャー役が大西さんで初めて回すって言ってたからほんとに大西さんが可哀想がすぎた。もいっこの女装は金髪パーマでりゅちぇ子ときゃっきゃしててかわいかったんだけど、途中キレてスカート弄って拳銃取り出してきたときはほんとに笑った。結構な大きさの拳銃をずっとスカートの中に隠してたかと思うと拳銃を使おうと思った瞬間から拳銃仕込むまでのドキュメンタリーが見たすぎる。

 

◇MC

最上手に文一くん、最下手に龍太というエイトに例えるとヨコヒナ、WESTで例えるとばどな喋れる人を両端に持ってきてMCを進行していくスタイル。友達曰く、昔10年近く前にヒナちゃんがコンサート観に来たときに「お前らMCの並びがなってない!お前ここ!お前ここ!」って指導が入って今の回せる二人を両端に置くスタイルになったらしくてそれを今も忠実に守る関ジュかわいいなってなりました。

基本龍太がいじられることから始まるMCだったけど、エイプリルフールネタはまじで龍太が可哀想だったから割愛する(笑)4人はお詫びにミルクティーを一人ひとつ段ボールであげるべき。

印象的だったのは7日のMC。その日序盤から文一くんニコニコしててご機嫌さんだなぁと思ってたんだけど、Web連載の話をしててかんじゅ日誌の龍太たちの文章の特徴を楽しそうにひとりひとり言ってて、毎回かかさずみんなの見てあげてるんだなぁって思ったらほんとに1年越しに松竹出てくれてよかったってすごい思いました(重い)。文一くんの走り方がとてとてしててかわいいからかっこいい走り方をみんなで考えてあげて実践してたのもかわいかったし、しげじゅん観に来て重岡くんが大暴れして帰っていったのも面白かったし、丈くんが文一くんとタッグ組んでああ言えばこう言う祭りしてたものかわいかった。あと風雅くんへの贔屓を拗らせすぎてとうとう独断と偏見でMCに風雅くん呼び始めたのは笑った。権力持ったショタおじっょぃ。

 

◇漫才コーナー

DK最高。この一言に限る。

唯一文一くんが漫才参加した回には入ってなかったので、もうひたすらDKの漫才が見たくてでも毎回私が入ってない日に来るからずっと見れてなくて、9日やっと大晴とれいじくんの漫才見れて、最後千秋楽も見れたの嬉しすぎて思わずひゃーって叫んだ。誰担。私れいじくんがしゃべってるのをこの漫才で初めて聞いたんですけど、れいじくんめっちゃ面白いんですね…!?大晴「決まったー!きゅーーじゅーーd「ひゃくはちじゅうどーーーー!!!!!」って遮って前出てきたネタ泥棒が面白くて今も思い出すたびに笑う。千秋楽の謎の外国人もしぬほど面白かったしはれちゃんのサイコパスもめちゃくちゃ面白かったです。こーちゃんツッコミ超超おつかれさますぎた。各々ツッコミとボケTPOに応じて両方出来る福福すごい。見てなかったけどこーちゃんのツッコミは友達に教えてもらった「俺が聞き取れるレベルのヘルツを超えてきた」っていうワードチョイスが一番好きです。あと見てる最中周りちびっこに囲まれてあぐら掻いてる編み込みヤンキーっていう図がかわいかった。

 

◇シルエット

初日心抉られた曲その1。大サビ前の間奏でいつも大西さんと康二とアイコンタクトす文一くんがすごく優しい顔してて好きでした。9日昼のMCで大西さんにかわいい仕草を教わってたんだけど(伝わりにくいんだけど横向いて可愛く前を向く)、その日のシルエット間奏でさりげなく文一くんが実践してたのがかわいかった。やっぱり大西さんがやるのと違ってどこか可笑しかったけど(笑)あとアウトロの最後で龍太になんか言って龍太が笑ってたんだけど今回そういうのほんと多いね!?まあ見事に全部何言ってるかわかんなかったから急募読唇術の技。

 

◇待ったなんてなしっ!

今公演一番の問題作。

1582終わりによもやレオタード着こなして花道疾走する自担の姿をこの目で見ることがあるなんて思う?たぶん元々この曲を歌ってるSexy Zoneの皆さんも他のJr.に歌使われると思うことはあれどレオタード姿で歌われるなんて思ってもみないだろうな。わたしはなかった。

黒髪を靡かせてステップを踏む文一くん(レオタード姿)。

普段は絶対にやらないアクロバットな動きをする文一くん(レオタード姿)。

ファンサをしたら黄色い声が返ってきて嬉しそうな文一くん(レオタード姿)。

そりゃ龍太も直視したくなくてもふもふで顔隠しながら出てくる。

個人的に7日の公演が一番ひどくて、大西さんとスーパーアイドル室さんがしゃべってる間おもむろに腰のストール外したと思ったら床に広げてその上に座って桜見上げてお花見してた。それを見た龍太の「オバハンピクニックしてはるわ」で相当笑ったのに追い打ちかけるみたいにオバハンがストール使って少年たちのバスタオルダンス唐突にやり始めるもんだから腹筋がしんだ。しかもへたくそすぎて全然隠れてないだしわりと下半身見えてるし…と思ってたら曲終わりのポーズ決めるところで客席から龍太と大西さんの顔が見えないようにストール前に広げて隠してたんだけど頭隠して尻隠さず状態だからほんとに下半身モロ見え。アッこれ絶対この後怒られるわ…28歳ガチ説教コースだわ……と思ってたらその日を境に一切腰のストール外さなくなったからガチでお偉いさんに怒られた説ある。レオタードおじさん見たことがない方は今発売してるテレビ誌のレポほとんどにいらっしゃるので一度本屋でご覧になってください。爆笑注意で。

 

◇轟

こっから怒涛の初日入って心抉られた曲メドレーに入ります。レポ何も見ずに入ったからほんとにほんとにしんどかった……あと2個前のレオタードおじさんとの差をどうにかしてと思った。切実に。

ツキノミチが終わってスクリーンに影が映って、あのイントロが流れてスクリーンが上がり切ったら龍太が客席を煽って、文一くんがシャウトする。その下には康二と大西さんが並んでて、その周りには黒の衣装着た関西Jr.が勢揃いしてて。泣く以外なかった。わたし轟の文一くんの歌声聞いて浜中担になったんですけど、実は現場に行きだしたのが遅かったから生で見たことは一度もなくて。5年越しでようやく見れました。もちろんあの頃とは歌ってる人も聞こえてくる声も人数も全部が違ったし、あの頃よりも文一くんの歌声もずっとうまくなっててやっぱり当時とは違うものだったけど、嬉しくないわけなかった。松竹期間会った何人かの友達から轟のとき色んな子がかっこいいって話はいっぱい聞いて自分の目で見たかったんですけど、やっぱりあの曲だけは最後までぶんるしか見れなかったな。千秋楽でスクリーン開けた瞬間二人が肩組んでたのも泣けた。本人たちも色んな思いがあったと思うけど、もう一度やってくれてありがとうって心の底から言いたい。重い。

 

◇Love or Guilty

懐かしい曲すぎた。しかも着てる衣装BOYSのだし。最後に見たのがたしかほんじゃにで披露してたやつだったので軽く10年越しのラブギルでした。このときまだBOYS4人だったなあとかいろいろ思ってこの曲は文一くんのソロパート終わったらずっと龍太見てた。少年たちのときに龍太担と「夢クロ歌ったから次ラブギルだね」って言ってたらまじで歌われたからびっくりしました。

 

◇コワレソウ

文一くん出てないけどこれだけ言わせて。

コワレソウの福井宏志朗くんは心の底から最高アンド最高。

そもそもこの公演文一くん出てないときずっとひたすらこーちゃん見てたんですけどコワレソウのこーちゃんは色気が人一倍すごい。びっくりした。「アイシテル~」のところの指ぴらぴらするのめっちゃえろい。びびる。こないだまでにこにこぺかぺかしててまだめっちゃかわいかったやん?いつからあんな色気が。「俺だけを見て」のところの振りと目線がまじでファン離す気ない。かっこいい。すごい。こーちゃんのあまりの成長っぷりに語彙力が追いつかない。

 

◇蒼い季節

 蒼い季節とBe Coolは毎公演かかさずやってくれても構わないと思ってる蒼い季節大好き芸人だから今回も歌ってくれて嬉しい~!なんでこの曲のイントロって一瞬聞くとああもテンション上がるんだろう?Dial Upが終わって大好きなイントロが流れたら他のみんなが大好きな金衣装を身に纏って出てくるのがラスボス大集結って感じですごく好きでした。何よりまた金衣装が並んでるところが見れたこと、龍太が薫太の衣装を着てたことがうれしかったなあ。初日終わってすぐ友達と昔の映像見まくって誰が誰の衣装着てるのか特定したのも良い思い出です。あと千秋楽で出てきた初っ端に龍太が紙吹雪で滑って盛大に転んで文一くんがお前なにしてんのみたいな呆れ顔で笑ってた。龍太もあそこでコケるなんて思ってもみなかったのか自分で笑っちゃってた。かわいい。

 

◇NOT FINALE

この 公演のラストがNOT FINALEってほんとずるくない!?!?!?

元々大好きな曲だったけど歌詞が今の関西Jr.にぴったりで、これからもずっと続いていく未来を暗示してるみたいで。今回に限らず公演のラストの曲ではいつもこの人たちのこと好きになってよかったなあって毎回思う。

あとイントロの文一くんのフェイクがほんとさぁ…!?なんぼほど声伸びんねん……すきしかない…

 

◇Happy Happy Lucky You!!

妖怪ショタ構いおじさん再来。

最初の頃はバンバンのときみたいにただひたすらベタベタ構ってただけだったけど、途中から風雅くんを花道に連れてく→行っておいで~って促して自分はすっぽんのところで立って風雅くんが戻ってくるのを待機→戻ってきたらハグして頭なでなでっていうのをずっとやってていよいよ母かなと思いました。一回風雅くんと大晴をまとめてぎゅーってしてたって聞いてそれがめっちゃ見たかった…!

千秋楽は丈くんもアンコ参加してたんだけど、丈くんにも花道行ったら?って促してた。でも丈くんは首振って遠慮してて、そしたら肩組んでそのまま花道向かって真ん中あたりまで行って二人で手振ってた。そのあと舞台戻ってきたら離れてたんだけど、今回出演者じゃないからか丈くんどこか所在なさげにしてて、それに気付いたからか自然になのかはわからないけどまた近寄って肩組んでお手振り。仲良しぶんじょおかわいい。

 

Twitterでも言ったけど、今回1年ぶりの文一くんだったからか龍太や康二たちがほんとに嬉しそうにしてて、文一くんも自分がいなかった1年の間に後輩たちが自分たちで自発的に色んなことに挑戦するようになったのを楽しそうに見守ってて、それが公演を通して最初から最後まで幸せな光景で。

前からずっと思ってたけど、文一くん公演の最後になると前に出ないことが多いんですよね。後ろのちびっこたちに目が行くように隣で踊ったり、どうしても移動が出来ないから目立てない楽器隊のところに行って絡んだり。今回もすごく思った。風雅くんを連れてってあげたり丈くんと一緒に歩いたりして、普段花道なんて寄り付きもしないのに(笑)それは全部自分じゃなくて後輩のことを思った行動で、そういうことを自然に自分のことのように出来る文一くんはほんとに強くてやさしくて心底かっこいいなあと思うし、毎回もっと好きになります。気持ち悪いことを言っている自覚はある。

人見知りだから愛想はそこまでないし、真顔のときの方が多いし、ファンサが神対応なわけでもないし、アイドルっぽいこともめったにしない。それでも当たり前なことも当たり前じゃないこともさらりと出来るから後輩にも慕われてて、文一くんなら・文一くんがいればって頼りにもされる。そんなアイドルっぽくはないけど歌もダンスも何でもオールマイティな文一くんを好きになってよかったって思うし、もしもこの先文一くんが今以上に舞台中心の俳優路線を突き進んだとしても、”アイドル”ではなくなったとしても、わたしにとってずっとずっと、文一くんは揺るぎない最高のアイドルです。

 

ともあれ、12日間ほんとうにお疲れさまでした。

ひたすらにエモくて楽しくて幸せな公演をありがとう!!!

次は2年ぶりに桜小路くんに会えるよ~!嬉しい!